FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.05 / ⑪幻想世界⑪
作品名

るいは智を呼ぶ─明日のむこうに視える風─

ブランド

暁WORKS

原画

さえき北都


ジャンル

衆堂ジョオ、日野亘

ストーリー

そして僕らはまた出逢う。

評価

 シナリオ音楽グラフィックシステムキャラデザ総合
 S+S A+B A A+

感想

 
買ってからずいぶん経ってやっとクリア やはりるいとも最高


シナリオ
FDっていうより本作の補完の面が強い 攻略順序は固定?っぽく、宮→ユン→恵→まや様の順
間に本作のヒロイン達と色々やる流れ

宮はまさにFDといった√ 呪いの面に関して他の√に比べてそこまで食い込んでは来ない 普通に宮という人物を掘り下げた中身 キョヌーです

ユンからあまりわからなかった能力について出てきたり本作でなんだかよくわからなかった組織がどんなものか、これがわかってくる

恵√ これは本作合わせて全ヒロインの中でも異質なラストを迎える ここでもやっと恵の呪いと能力がやっとはっきりと知ることができる 
智が障害とぶつかった時、唯一同盟を一切頼らず、自分一人で答えへとたどり着こうとする ここが決定的な違い つまり要約するとパッピーバースデイぼく

そして最後にまや様である まや√っていうかトゥルーエンドと言ったらいいのかわからん
ここは多く語るべきことはない やるに限りる 最後のまや様の笑顔で全てが許された



音楽
OP、ED、挿入歌どれも良かったぜよ BGMもそこそこあるがなんかコミュで聞いたことあるようなものもあった気がする ラストのEDが流れる辺りはお涙を誘う



グラフィック
めっちゃ良くなったといった感じはないけど綺麗になってる CGで若干手抜いてるっぽいやつがいくつがあったけどまあ力入ってるやつが目立ち過ぎたんだろう CGの枚数は少ないけどこれFDなんですよね ボリュームあって忘れがち
あとは能力を使うときに各キャラカットインが入るようになったが、かなりカッコいい 力入ってるなぁと感じた


システム
特筆して書くべくところもない いたって普通



キャラデザ
普通よりの好きぐらい絵 クセは少ない気がするけど若干CGによってムラがあるのがちょいネック 大人数のCG時に質が変わる 



総合A+
るいとも大好きな俺にとっては最高の一作だった 中身の全体としてはFDの要素は薄い かといって後編と言うのもなにか違う 補完編が一番合ってる言葉かな

全√でアクセントが付いてるし違いがハッキリとしていてキャラも立っている だが玉ねぎの存在理由がいまいちわからなかったのは俺だけじゃないはず

FDと言うと後日談でキャッキャウフフな展開と思いがちだがこれはそんな甘ったるいものじゃなくしっかりと作りこまれていた 最後の方は話が難しくなってくるけどそこもまた面白い
まや√が終わった時、やっと物語は始まる

是非やってみそ

gesomazin.png
こんなことができる機能もあるでげそ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kool12.blog26.fc2.com/tb.php/294-e77d60a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:12px; line-height:14px; }